Tuesday, February 6, 2007

魚住折蘆。うおずみ・せつお. 1883-1910.

魚住折蘆。うおずみ・せつお. 1883-1910.
自己主張の思想としての自然主義 (1910) 付:(過去十年間の仏教界) 


評論家。オーソリティに対抗する自然主義を提唱。「そのオーソリティとは、レビアタンに比せられた国家であり、また日本においては家族である。。。石川啄木はこの論に触発されて、批判的に吸収するかたちで「時代閉塞の現状」の「過去十年間の仏教界」を付載した」(千葉、150)。

No comments: