Thursday, September 6, 2007

同性愛の爆弾

末法思想の文学を読みすぎたせいか、僕は厭世的にモノを見るという癖が昔からある、世界の未来も結構暗く見える人間だが、きのう新聞で読んだ記事を機に自分の考え方が一変した。

世界第一大戦が終わって以来、アメリカは、何百万人を殺しても、いくつかの国に干渉し戦争を起しても、世界の諸国がいいなりにならないことがやっと分ったようだ。今は、アメリカが世界を牛耳るための別の方法を追求しているが、一つの方法は最近発見されました。それが「同性愛の爆弾」ということだ。別称でいえば「The Gay Bomb」。  

人間を普通に殺すとは、いにしえの戦争の戦い方と見直され、これからは敵をホモにするのが最も有効である。この「Gay Bomb」は、敵陣に落とされ、爆弾の中のホルモンが敵にかかると、彼らが急にホモと化して、そして傍にいる戦友に対して抑え切れない欲望が発生したら、彼らが『曽根崎心中』の「お初」と「徳米」が如く抱き合わずにはいられなくなるのだ。その抱き合った状態が数日間も続いて、そして抱き合っているうちに米軍が勝手に侵略を進めてその領域の支配を容易く達成していくのは、言うまでもあるまい。

しかも米軍は未だこの爆弾を実験で試したことがなく、実際に効き目があるか確認されていない。皆さんはどう思うのか?やはり日本でも試してみないか?

8 comments:

Anonymous said...

関口あたりにボン!と落とされて、日本人男の悪い習性ばかりを身につけてしまって威張り散らしている亭主関白兵士◯◯衛が、「もう女なんて嫌だわ」と出て行ったら、そのゲー爆弾は大成功
ーPomodoriな

Anonymous said...

The Gay Bomb・・・
名前だけで笑えます。

ベトナム戦争で、敵軍にヘロインやらコカインやらの強力な薬物を送って敵軍の士気を下げた、という話は聞いたことがありますが、これは初耳です。

John McCain氏の「いいんじゃないか。日本人って皆平和惚けてるし。。」という発言は全く意味が分かりませんね。
権兵衛さんの言った事が上手く伝わっていなかったような気がします。
日本にThe Gay Bombを落としたら少なくとも性犯罪は減らせるかも知れません。
ただし、女性が欲求不満になって暴動が起きるかも。
ーK

Ryan said...

そうだね。ちょっと編集した。ありがとう。

Anonymous said...

The Gay Gomb を落とされた国は子孫が繁栄せずに滅びてしまう? 時間はかかるけれど確実に勝てる爆弾かもしれませんね衝撃あせあせ(飛び散る汗)
ーLisa

Anonymous said...

The Gay Gomb落とされホモと化した日本人に侵略してきた米兵が見初められて、ホモと化した日本人が命掛けてまで抱きついちゃったりして・・・。

なんか妄想してたらややこしくなってきた(=_=)
ーAri

Anonymous said...

ゲイボムのこと、BBCのScot Mills のラジオでやっててめっちゃ面白かったよ!!

ゲイにはなりたくないげっそり
ーTanikkusu

Anonymous said...

そういえば、ロシア語学科の同窓生がゲイだったそうですあせあせ(飛び散る汗)あせあせ(飛び散る汗) 後で同級生が教えてくれました。卒業式間際の飲み会で二人が妙にくっついて並んで座っていたの印象的で、今でもよく覚えていますすが、あの頃は身近にゲイがいるなどとは想像も(妄想も?)できませんでした (>_<)
ーLisa

Ryan said...

そうだね。BBCがこの問題を暴露にしたみたいだよね。
その前にも幾つかのマイナーな新聞の記事にもなっていたが、BBCには初めてだったかも。

でもさ、考えていたんだけど、GAYに、この爆弾が落とされたら、異性愛者にもなるかな。