Thursday, August 24, 2006

不浄観を修するための死体

広辞苑によれば「不浄観」とは、「身体や外界の不浄を観じ、それによって執着を断ち切ろうとする観法。特に死体が腐敗していく過程を心中に観ずる」修行である。これだけ面白そうな修行を一度経験してみたいと私は思っている。

ところが、現在では、二週間もかけて瞑想しながらじっと睨められるような死体は、それほど容易に入手することが出来まい。どこで探したらいいのか分らない。病院にはいるかな?それとも真夜中に雑司ヶ谷墓地に偲びこんで、墓堀り人夫のごとく墓を暴いたりすればいいのかな。確かに遺体安置所に行っても、死体がすぐ埋葬されるから、そこにもいなさそうだな。

とにかく、誰か、死体を手に入れる場所を知っていたら教えてください。

fujoukan2.jpg

4 comments:

Anonymous said...

Read this:
http://www.ask.ne.jp/~yamanaka/fujohkan-j.html

-Alyosha

TofuUnion said...

Read this :

http://japundit.com/archives/2008/05/01/8387/

Ryan said...

Good stuff. I particularly like the 九相詩絵巻.

Anonymous said...

コミュニティのトピックから来ました。

京都市左京区の安楽寺に「小町九相図」が在ります。

紹介しているブログです。http://hiratomi.exblog.jp/4036054/

不浄なるものも浄とされるものも諸行無常の範疇を超えないという達観を得ることで今を大切に生きることを説く哲学です。

東北を旅行されたようですね。山形県の庄内には六体の秘仏が在ります。

即身仏(そくしんぶつ)です。公開しているのは、酒田市の海向寺、鶴岡市の南岳寺、注連寺です。即身成仏された御姿を拝観するのも良いでしょう。

「月山」はもう読まれましたか。

-GTO