Friday, February 22, 2008

一族の没落


(*また愚痴に聞こえるかもしれないけど、愚痴ばかりではないので、少し我慢して物語の幸せな結末まで読んでください。)

今日は、結構大変だった。自分の腕白な弟は、普段お医者さんから貰う薬は、なぜか手に入れられなくて、悪友の一人から麻薬を買って密かに使っていたらしい。そして家に帰ったら普段と全然違う姿で玄関に現れて、お父さんと喧嘩をうりはじめた。

後から母に聞いたんだけど、一ヶ月ほど前に、父はもう我慢出来なくなって、弟を力で抑えようようとしたら、あいつに攻撃された。かなり強烈な殴り合いとなったらしい。殴り合いの後に、弟が警察に電話をかけた。「俺やドメスティックバイオレンスを受けたんだよ」と警察官に訴えた。弟が完全に悪かったのに、見事に辛抱強い父が裁判に行かされた。何と不憫な父やな!裁判の第一審は今日だったんだけど、判決は未だ下さらなかった。また来月にも、もう一度行かねばならないみたい。

偶然かもしれないけど、僕が来日してからモリソン家は生憎、急速に没落したのだ。村上竜の『最後の家族』に出る家族と同様に。しかも、村上竜の小説では確かにハッピーエンディングがあったような覚えがあるから、我らモリソン家にもトンネルの終わりの明かりはもうそろそろ見えて来るのでしょうか?

同じ喧嘩を繰り返したくなく、今日のお父さんは、努めて控え目で弟の出鱈目の話をいい加減に聞き流したりしていたから、幸いに又警察が呼ばれるほどの大喧嘩に至るまではならなかった。

まぁまぁ、その暗い話はさておき、いい話もあったからそれにしよう。

僕は、昨日アメリカの一流の政治家に紹介された。ま、ロン・ポールじゃなかったけど、ロン・ポールの支持者や旧友であるバリー・ゴールドウォーター・ジュニアという人だった。このゴールドウォーター・ジュニアは上院議員として色々と大活躍してきたんだけど、彼のお父さんは、米国共和党の史上で最も有名な一員のバリー・ゴールドウォーター(1909-1998)であって、このゴールドウォーター氏は1964年の大統領選挙にリンドン・ジョンソンに負けた立候補だった。その選挙でゴールドウォーター氏が勝っていたら、ベトナム戦争は十年より早く終わっていたかもしれない。昨日、その人の息子に逢って、一時間ぐらい彼と政治話(主にはロン・ポールの褒め話、そしてマケイン氏の悪口)をしていた。そして最後に、「ロン・ポールも月に二回ぐらいアリゾナ州に来るから、東京に帰る前に来たら紹介してやるよ」と言ってくれた。

一度でもいいから、ロン・ポールに会ってみたい。
さっさとアリゾナ州に来るといいよね。

Monday, February 18, 2008

文化の刺激


アメリカに帰ってからの経験を書いてみようと思ったら、
愚痴ばかりになるからすぐやめた。

人がデブ。
整形で顔が歪んだ人多し。
日本人おらず。
親がニューエイジ真理教でさらに迷いぬ。

それから自分の車なくてどこにも行けない。
アリゾナ州に残った旧友はわずかな数人だけで、しかもあいつらは以前より堕落した。

そして自分の完ぺきに秩序正しい人生は麻薬中毒の兄弟が現れた時に崩壊した。

もう大変だ。

確かにいいところもあると信じるけど、
見つかるまでは大いに時間かかるみたい。
まだ諦めずに頑張って探し続けます。

Saturday, February 16, 2008

Much On The Cliffs: The Philosophies of John Ashbery

Finally, Ashbery on Youtube!

Monday, February 11, 2008

谷崎計画にかんするミハエルさんからのコメント


自分の以前の谷崎研究計画に関して友達が書いてくれたコメントを以下に引用します。去年、谷崎について論文を書こうと思っていたけど少しずつ飽きてきた。別に谷崎に飽きたんじゃなくて、谷崎研究は海外でもだいぶ進んでいるから、まだそんなに知られていない立派な作者がまだたくさんいるから、その中から一人を選んだ方がいいかなと思って、石川淳にすることにしました。


でも、いずれは谷崎潤一郎に戻るつもりなので、コメントを書いてくれてありがとうございました。参考になります。それでは、ミハエルさんからのコメントを載せます。



こんばんは、 ブログで修士論文の研究計画を拝読致しました。

やっぱりBeholdmyswarthyfaceさんも谷崎を扱う予定なのはちょっと意外でした。それから、文章の日本語レベルは相当高くて、びっくりしました。日本人の助力を得ずに書かれましたか? 幾つかの感想あったので、ここで研究項目の順を追って述べさせていただきます:

第一。 ディテールだが、『青塚氏の話』は初期小説とは言いがたい。むしろ中期と言ったほうが好し。* 自然主義なる流派は、ただ表面的なことのみを扱い、内面的な要素に触れないと言えるか多少疑問である。

第二。『陰翳礼讃』(因みに、Beholdmyswarthyfaceの書き方に誤りがあった)をパロディーとして読めることに異存がないが、それを『少年』や『黄金の死』で論証することは困難なものがあると思う。なぜなら、谷崎の文学が明治末期大正初期の作品と昭和8年の間に色々と変容や展開を示しているからだ。

第四。これは特にコメントではないが、『早春雑感』という小説を知らなかった。Beholdmyswarthyfaceは本当に数多くの作品を読んでいらっしゃっているなぁと感動しました。

第五。「「私小説」を嫌っていると考えられていた谷崎が、本質的には、芸術家としての彼自身を主人公として登場させる物語を繰り返し書いていることを明らかにしたい。」とBeholdmyswarthyfaceは書いているが、谷崎自身と主人公を全く一緒にすることを慎んだほうがいい。無論取り上げた作品の主人公達は谷崎自身と多くの共通点を持ち、それを研究することは非常に興味深いと思われるが、以上の言い方だけをちょっと改めればと存じる。それから、こういう論を立てるなら、『饒太郎』という作品もとても面白いと思う。 最後に、Beholdmyswarthyfaceの説明した研究計画を読んで、つくづく思ったことは、すべて頗る興味深いがその幅が広すぎるのではないかなということでした。五つの項目もすべて、その一つだけにしても、もう修士論文にできる質を持っていると思う。もう少し範囲を小さくしたほうがいいのではないかね。。 求められてもいないのに、勝手なコメントを投げかけて失礼致しました。

ご参考までに、 ミハエル

Saturday, February 9, 2008

John McCain and the Neocons' Usurping of the GOP

Just in from Grady Glenn:

John McCain's securing of the Republican nomination marks the biggest victory yet for the neoconservatives.

McCain's resurgence marks a turning point for the GOP, but this is by no means a turn for the better.

His ascendance marks the final defeat of the old GOP— a GOP that once favored limited government; limits on executive powers; a (mostly) non-interventionist foreign policy based on national interest; a strong role for local and state governments; personal and civil liberties; low taxes; a free-market economy; and opposition to the welfare-warfare state.

The new GOP, now gathered around neocon hawk John McCain, no longer represents any of these once-foundational principles. Instead, the Beltway neoconservatives have usurped the party, effectively marginalizing the last remaining elements of traditional conservatism.

(Now for some of Grady’s notoriously accurate predictions.)

If up against Clinton, McCain, having convinced the public that only his foreign policy is in America’s best interest, will win by a comfortable margin (even though the foreign policies of the two candidates differ only in style). If, however, Obama wins the Democratic nomination, he will secure enough of the anti-war vote to defeat McCain.

But should McCain win, war with Iran would begin almost immediately, and the conflict could easily spread throughout the region. We would also see an increase of American interference in Pakistan (possibly leading to war), accompanied by the erosion of our civil and personal liberties at home.

Under a McCain presidency, there might even be some new and surprising military interventions elsewhere in the globe (say, in parts of Africa). The result of all this: more death and destruction, new alliances against the U.S., increased global instability, and the beginning of the collapse of the American economy, due to imperial overstretch.

Unfortunately, the media has succeeded in convincing the public that McCain is a "straight-shooting" moderate from the realist camp. He isn't. His supposed "war criticisms"— such as when he publicly attacked Rumsfeld— have always been carefully-worded calls for wider war, for more "boots on the ground," and for more military intervention.

McCain is, to quote Justin Raimondo from his article in The American Conservative, "a militant suffering from acute narcissism," who believes that it is America's manifest destiny to spread its goodness— at any cost— to all corners of the globe.

And so, my fellow conservatives, liberals, progressives, Greens, Commies, libertarians, anarchists, Trotskyists, Whigs, and Maoists— we must all put our ideological differences aside, and unite to stop this man from getting any closer to the White House!

Sunday, February 3, 2008

Return to the Homeland

Just in from Josh Lander:

Next week I will be returning home to talk a little sense into a certain Senator from my state currently running for President, who seems to have gone a bit mad in recent years.

He hasn't always been mad. Apparently, Senator McCain was quite the prudent statesman up through the late '80s. I'm hoping to convince him (with my charm and paleoconservative rhetoric) to return to his former self. Wish me luck, all!

But before I leave, I would like to recommend this article -- "The Madness of John McCain" -- which traces McCain's ideological exodus -- from realist to frothing-at-the-mouth warmonger-- made over the last twenty years. The article ran yesterday in what is perhaps the best political magazine in America, the anti-imperialist "The American Conservative."

In it, author Justin Raimondo, editor of antiwar.com, sums up neatly just why foreign policy realists think McCain is the most dangerous man on the block (and that block include(d) noted goomba, Rudy Giuliani).

And so, my fellow conservatives, liberals, progressives, Greens, Commies, libertarians, anarchists, Trotskyists, Whigs, and Maoists-- we must all put our ideological differences aside, and unite to stop this "militant suffering from acute narcissism" from getting any closer to the White House!