Tuesday, February 17, 2009

Dispatch from Sally Yoshizawa


Sally Yoshizawa sends this:
Hey, Ryan. I didn't have anything to do this weekend, so I thought I translate your recent post about Ishikawa Jun's "big discoveries." I got through most of it. Here's what I have so far:

石川淳の大発見

今まで、私は石川淳が1942年の『江戸人の発想法について』で展開した議論がいかに時代を先んじていたかということについて明確にしていなかったので、もう一度説明させてください。『江戸人の発想法について』で石川はモダンとポストモダンの思想の鍵であるような概念をいくつも指摘しています。そして、明らかに誰よりも先に、後にニュー・クリティシズムや構造主義、そしてポスト構造主義やディコンストラクショニズムといった形で展開される新しい批評の特徴を予見していると言えます。しかし、1942年の時点において、石川が論じている概念を表す言葉はまだ存在しておらず、(正式な意味での)理論家や哲学者ではなかった石川は自分の発見を体系化しようとはしなかったのです。それにしても、石川が何かを掴んでいたということは明らかです。ではその新発見とは何だったのか。それは大きく三つに分けることができると言えます。一つは、間テクスト性と「転換の操作」、二つめは、自己という概念を問題化する「韜晦振り」と作者の「無名性」、そして最後に、交渉と読者反応です。

一、 間テクスト性と「転換の操作」
『江戸人の発想法』におけるキーワードは「転換」です。言葉を変えながら、合計9回、使われています。石川によれば、江戸人は、古いものに生命を吹き込みながら新しい文化を作り上げ、彼らの日々の現実にちょうどよく一致させていきます。石川は江戸文学に見られる「転換の操作」を五つの形式に分けています。「見立て」、「俗化」、「やつし」、「本歌取り」、そして「俳諧化」です。この部分に関する第二次資料として挙げられるのは、
Harold Bloom’s notions of “creative misprision” and “poetic influence”; 
Julia Kristeva’s theory of “intertextuality”; 
Allan H. Pasco’s book Allusion: A Literary Graft (1994); 
Theories of parody by Mikhail Bakhtin, Simon Dentith, Linda Hutcheon, and Margaret Rose
; Theories of pastiche by Ingeborg Hoesterey and Fredric Jameson
です。

二、 韜晦振りと無名性
ここでは、私は石川による「韜晦振り」の概念を考察します。韜晦振りとは、石川が「作者が名を放棄することから世界を築き上げている」と評した天明狂歌の詩人の捕えどころのない傾向を指します。この点に関する第二次資料は、
Roland Barthes’s “Death of the Author” (1967); 
H.L. Hix’s Morte d'Author: An Autopsy (1990) on “authorial intentionality”; 
Wimsatt and Monroe’s “The Intentional Fallacy” from The Verbal Icon (1954); 
Fredric Jameson on the “problem with character,” in The Political Unconscious; 
Derrida’s notion of “free play” in Writing and Difference

.

I’ll also explore the Edoites’ general skepticism toward the notion of “a singular self”— a skepticism they seemed to share with Saussure, Freud, Barthes, Lacan, Foucault, Derrida, and others.
です。

三、交渉
最後に、石川が、文学作品とは様々な交渉を通して生産されるものであり、読者はその交渉を十分に理解しなければその作品を解釈することはできない、と主張している点を考えていきます。石川は、どんな作品でも、当時の社会との交渉、あるいは伝統、つまり先行するテクストとの交渉から「離れたところではたちまち意味を失うだろう」と説明しています。
この点に関する第二次資料は、
Stephen Greenblatt’s theory of “negotiations” developed in his Shakespearean Negotiations, in which he “argues that works of art, however intensely marked by the creative intelligence and private obsessions of individuals, are the products of collective negotiation and exchange” (vii). I will also incorporate Stuart Hall’s “reception theory” into my analysis.
です。

8 comments:

Ryan said...

Many thanks, Sally. This would have been helpful during my interview last week.

Anonymous said...

Nobody gave a shit about Ishikawa Jun's "big discoveries" when you posted it the first time in English.

-Ian Hogarth

Anonymous said...

Hey, don't speak for everyone, Ian Hogarth. I give a shit.

-Josh Laandars

Anonymous said...

I like your vain and shallow personality but I hate your blog. Yes we can つくね!

-Tomoko

Anonymous said...

I'm named Tom.
I will swap two red suckers for a blue one.

-Thomas Kain

Can D. Heat said...

This just in from Ishikawa Jun: Ebi-chan. Girls want to fuck her. Guys want to be her.

Gray Davis said...

Grapevine! Grapevine! Take you there!

Darlene ga gaikokujin said...

Ebi-chan, Men want to fuck like her, women want to play DS Mario in her house.

(incidentally the captcha to enter text on this was "BISHO"... Erotic plus 2 points)
(Still erotic, add four more points)