Tuesday, July 14, 2009

More on Graham Rawle's Woman's World


Miss Jillian Mowbray sends the following as a follow-up to Miss Kishi's post from last week:
テクストの最後のページにも作者による説明が書いてあるので、ちょっと重なるところもあるかもしれませんが、まずはこの本のレイアウトや文体についてもうちょっと詳しく説明したいと思います。

· 1960年代の女性雑誌によって構成

この本は1960年代のイギリス女性雑誌の切抜きによって構成されています。雑誌に掲載されていた女性向けフィクションと宣伝がうまく組み合わせられた結果、特に直喩の柔軟性などのおかげで本の流れが不思議にスムースに感じられるところもありますが、同時にこのテクストがあくまで雑誌で構成されおり、ラウルの言葉ではないことを強く意識させるところもあります。

読みながらよくこの本の書く過程を考えたんですが、ラウルが最後に指摘するところによれば、まずラウルは話の筋を作り出し、その後、話で使えそうな具体的な台詞などのクリピングを集め、それを繋ぎ合わせたそうです。1ページにつき100種類のフォントが使われている。それからグラフィック・ノヴェル英語のビジュアル化。フォントや、絵、図によって英語のビジュアル化があり、グラフィック・ノヴェルとしての特徴を示しているといえます。

· テクストのポストモダン的な構造
Many of the newer postmodernisms have been fascinated precisely by that whole landscape of advertising and motels, of the Las Vegas strip, of the Late Show and B-grade Hollywood film of the so called paraliterature with its airport paperback categories of the gothic and the romance, the popular biography, the murder mystery and the science fiction or fantasy novel. They no longer ‘quote’ such ‘texts’ as Joyce might have done, or a Mahler; they incorporate them, to the point where the line between high art and commercial forms seems increasingly difficult to draw (Jameson, 1998).

この引用は先週もちょっと触れられたジェイムスンからなんですけれども、最後のイタリックになっているところに注目したいと思います。明らかにWoman’s Worldはこのポストモダンダイアログに参加し、消費主義(この場合は女性雑誌)から取り出されたものによってWoman’s World の話が出現します。

· 宣伝のジングルのようなものも 、60年代女性のステレオタイプ的な台詞も揃っている
I usually make do with a bowl of cereal. No cooking-just add cold milk and sugar. It’s all a woman needs, and it’s so munchably, crunchably different. Besides it’s all Mary is prepared to dish up. It would have been a different story if she’d known it was Roy who was doing the pottering. She would have cheerfully rustled up a hearty feast of Wall’s plump pork sausages, eggs and Heinz baked beans in a rich tomato sauce. Wonderful! (p84)

この引用は、この作品の特徴的な例であるともいえるでしょう。つまりここから宣伝のジングルぽいものや、女性のクリシェ的な表現を組み合わせることによってできあがるラウルのスタイルが浮かびあがります。ラウルはこの組み合わせによってこれから話したい「理想の拡大」を作り出します。

この作品が雑誌で作られているものである以上、当たり前な事かもしれませんが、この作品は、60年代の雑誌で唱えられていた生活、格好、ロマンスなどという概念の理想を誇張し、そして転覆させます。つまり、実際の雑誌でかかげられていた理想よりも、Woman’s Worldで出てくるもののほうがより誇張され、インテンスな感じがします。クリシェ的な表現が次々と出て来 て、その結果読者はクリシェの重さを文章でよく感じることになります。
In the mirror my natural loveliness is quite breathtaking. But the mirror can never take the place of a real person. I yearn to see my winsome charm reflected in the eyes of a real flesh-and –blood admirer. No one admirer in particular, but any member of the public whose head might turn with an approving glance as I pass them on the street. A dear old lady, refreshed by the sparkle of my unassuming youth and beauty; a teenage boy, intoxicated by the heady perfume of feminine glamour, compelled to lay down on a grass verge,; or an old man, so entranced by my sophisticated yet coquettish demeanour that he forgets his manners and goes to the toilet in his trousers. (p7)

パロディが「capitalizes on the uniqueness of these styles and seizes on their idiosyncrasies and eccentricities to produce an imitation which mocks the original」. そしてパスティーシュとは「a blank parody, parody that has lost its sense of humour」[2]。

Beholdmyswarthyfaceさんにも、先週ジェイムスンのパスティーシュやパロディの丁寧な説明頂きましたので、ちょっと重なるかもしれませんが、Woman’s Worldを読むことでも、この作品がパスティーシュなのかパロディなのか?あるいはパスティーシュとは実際には何なのか?というような疑問が浮かびます。しかしさらに、Woman’s Worldの場合では、パスティーシュとパロディが同じ作品で存在しているのではないか、という問いも出てくると思います。

先週XX先生がおっしゃったパロディとパスティーシュの定義をWoman’s Worldのコンテクストで考えると、この作品はパスティーシュではなくパロディだという結論ができます。なぜかというと、ラウルは様々な手段を生かして、最終的にはあくまでもジェンダーの境界を疑問視させているのではないかと思うからです。成功したかどうかは別の問題として、現代の世界におけるジェンダーの定義と戦う、というのがこの作品におけるラウルの狙いのように思えます。しかし、ただ1960年代の雑誌をパロディしているだけではない気もします。Woman’s World の明白にポストモダン的な構成や、フォントのモンタージュなどがパスティーシュの方向に向かっているのではないか?ということになります。つまりこの作品では、パスティーシュとモンタージュという概念が結びつけられているのだと考えられます。

· 題目の”Woman’s World”を転覆:60年代の言葉によっての理想的な人生の視点破壊

ここからは、ラウルが転覆しようとした60年代のジェンダー規範についてみてみたいと思います。ノルマは、一見、気楽な1960年代的な生活を送っているように見えます。しかしその表面を奥へ覗いてみるとノルマは実はノルマではなく、 服装倒錯者 ロイであるし、メアリーはハウスキーパーではなく、お母さんであるということが判明します。実際にはこの作品世界はのんきな世界ではなくて、外へ出かけられないノルマは家におり、一度家を出たらハンズという怪しい男に食い物にされるのです。

1960年代雑誌の言葉を生かし、理想 = 女性の理想的な生活、結婚、主婦生活等々を転覆させることもある。その時代の雑誌によって“Young women readers learnt what to yearn for, though heartbreak warnings are posted on the shore of adventure”[3]という。この引用はThe Guardian Review から取りましたが、すごく響きました。Woman’s Worldには雑誌の世界と同じように、何か根底的な緊張感が感じられ、その緊張感こそが”heartbreak warning”の一つとして考えられるでしょう。Woman’s Worldの’Heartbreak’は何というと、ノルマ・ロイは普通の世界に存在できないなど、ロイは妹のことをわすられないというふうに考えられるでしょうか。さらにいえば、その’Warning’はHandsとの出会い・経験・事件である。

60時代の雑誌世界におけるはジェンダーの明らかな境に対する、Woman’s Worldに描写されるジェンダーの揺れも見られる。ジェンダーがすくなくとも公の世界ではっきりとされていた60年代の言葉を活用し、近代のジェンダーの複雑さを描くWoman’s Worldは、この意味で非常にsubversiveなテクストであると言えます。

ジェンダはトラウマであろうか。服装倒錯のロイ=自分が起こした事故で妹が亡くなったトラウマによって 二重人格 になった?ノルマの話に出現しない 性欲 はロイとイーブの話のクライマックスである。むしろノルマの女性視点というのは、買い物、服、60時代の表面的なパースペクティブにすぎない。

最後に、このようにジェンダー規範の転覆を試みるこの作品の語りについて考えてみたいと思います。ロイを描写する文章は三人称と呼んでよいのかどうか怪しいとは思いますが、しかし同時にこの全知の語りのような語りの声を単純にノルマという一人称の声と考えていいのかどうかも疑問です。多くのテクストが女性雑誌のWomen’s Fictionから切り出されたものであり、その結果一人称・三人称の語り手に会わせることが苦労していたところとRawleもインタビューで認めています。読みながら、語り手のヴォイスに揺れを感じましたし、読み進めるとこの印象が深まりました。もちろんロイとノルマは同じ人物なので、原理的にはこの語りの声はロイ=ノルマの一人称の語りであると考えられるのですが、私の読みでは、この語りの声は一人称の語りというよりはむしろ18・19世紀の小説によく出現する全知の女性語り、特に、イーディス・ウォートンの18世紀ニューヨークを語るエイジ・オブ・イノセンスにある語り手のトーンやボヴォイスとよく類似するように思われます。つまりそれは、権力のある女性の声だといえます。
Renie Price is a thin worry of a woman. Always busy with one thing or another and never sits down. Cooing, cleaning, queueing from morning till night: like all housewives, Mrs Price works a seven-day week and mostly loves it. (125-6)
Mrs. Archer was a shy woman and shrank from society; but she liked to be well-informed as to its doings…In an unclouded harmony of tastes and interests they cultivated ferns in Wardian cases, made macramé lace and wool embroidery on linen…and read Ouida’s novels for the sake of the Italian atmosphere.(4)

このように見ると、実はこの作品はモダーン小説のパロディになっていると言ってもいいでしょうか?あまり結論にはなってないですけれども,この類似が読みながら強く感じられたので、この点について皆さんの意見も是非聞かせていただきたいと思います。以上です。

4 comments:

Anonymous said...

Oh, and here's the outline and bibliography:
1) レイアウト /構成
• 1960年代の女性雑誌によって構成
• 本の過程=1)筋を作り出す 2)話に合わせそうなクリピングを切り出す
• 1ページに約100種類のフォントが使われている
• グラフィック・ノヴェル:英語のビジュアル化 (に対する漢字の使用)
• テクストのポストモダン的な構造

Many of the newer postmodernisms have been fascinated precisely by that whole landscape of advertising and motels, of the Las Vegas strip, of the Late Show and B-grade Hollywood film of the so called paraliterature with its airport paperback categories of the gothic and the romance, the popular biography, the murder mystery and the science fiction or fantasy novel. They no longer ‘quote’ such ‘texts’ as Joyce might have done, or a Mahler; they incorporate them, to the point where the line between high art and commercial forms seems increasingly difficult to draw. (発表者の強調)

• 宣伝のジングルのようなものも 、60年代女性のステレオタイプ的な台詞も揃っている

I usually make do with a bowl of cereal. No cooking-just add cold milk and sugar. It’s all a woman needs, and it’s so munchably, crunchably different. Besides it’s all Mary is prepared to dish up. It would have been a different story if she’d known it was Roy who was doing the pottering. She would have cheerfully rustled up a hearty feast of Wall’s plump pork sausages, eggs and Heinz baked beans in a rich tomato sauce. Wonderful! (p84)

2)Woman’s Worldにおける理想の拡大
In the mirror my natural loveliness is quite breathtaking. But the mirror can never take the place of a real person. I yearn to see my winsome charm reflected in the eyes of a real flesh-and –blood admirer. No one admirer in particular, but any member of the public whose head might turn with an approving glance as I pass them on the street A dear old lady, refreshed by the sparkle of my unassuming youth and beauty; a teenage boy, intoxicated by the heady perfume of feminine glamour, compelled to lay down on a grass verge,; or an old man, so entranced by my sophisticated yet coquettish demeanour that he forgets his manners and goes to the toilet in his trousers (p7発表者の強調)



3)パスティーシュとパロディ
パロディ= ‘…capitalizes on the uniqueness of these styles and seizes on their idiosyncrasies and eccentricities to produce an imitation which mocks the original’
パスティーシュ= ‘Pastiche is…a blank parody, parody that has lost its sense of humour.’

4)Woman’s Worldに於けるジェンダーと転覆
• 題目の”Woman’s World”を転覆:60年代の言葉によっての理想的な人生の視点破壊
• 1960年代雑誌の言葉を生かし、理想 = 女性の理想的な生活、結婚、主婦生活等々を転覆させる
• その時代の雑誌によって“Young women readers learnt what to yearn for, though heartbreak warnings are posted on the shore of adventure”
• 60時代の雑誌世界におけるはジェンダーの明らかな境に対する、Woman’s Worldに描写されるジェンダーの揺れ(p416)
• ジェンダーかトラウマ?=服装倒錯のロイ=自分が起こした事故で妹が亡くなったトラウマによって 二重人格 になった?  ノルマの話に出現しない 性欲 はロイとイーブの話のクライマックスである。むしろノルマの女性視点というのは、買い物、服、60時代の表面的なパースペクティブにすぎない。

5)信頼できない語り手
• ノルマの一人称=pp1-125, pp137-41 pp183-245, pp416-434
• 三人称(?)/一人称(ロイ注目)=pp125-137,pp141-183, pp245-416, pp434-436

Renie Price is a thin worry of a woman. Always busy with one thing or another and never sits down. Cooking, cleaning, queuing from morning till night: like all housewives, Mrs Price works a seven-day week and mostly loves it. (p125-6)

Mrs. Archer was a shy woman and shrank from society; but she liked to be well-informed as to its doings…In an unclouded harmony of tastes and interests they cultivated ferns in Wardian cases, made macramé lace and wool embroidery on linen…and read Ouida’s novels for the sake of the Italian atmosphere.

参考文献
Jameson, Frederic (1998) The Cultural Turn:Selected Writings on the Postmodern. Verso: London
Phillips, Tom (2005) ‘Powder and Paste’ in The Guardian Review (October 15, 2005)
http://www.guardian.co.uk/books/2005/oct/15/featuresreviews.guardianreview15
(09/05/29)
Rawle, Graham (2005) Woman’s World. Atlantic Books: London
Wharton, Edith (1920) The Age of Innocence. Penguin: New York

-Jill

Anonymous said...

Good work.

-Burford Niceweather

Anonymous said...

Jill and Madoka,

Thanks for introducing the book. I hadn't heard of it. I look forward to reading it.

And just a general thought about "postmodernism": I think Frederic Jameson’s definition of postmodernism as the age (late capitalism) itself rather than a particular “mode of thought” is most appropriate; but it seems the Japanese tend to use the term only in its narrow sense.

Lack of translations are partly to blame: amazingly, Jameson’s 『Postmodernism, or, the Cultural Logic of Late Capitalism』 still hasn’t been translated, as far as I know.

Let us hope the recent influx of Zizek translations will spur the Japanese to reformulate their conception of the postmodern.

Yours,
Sally Suzuki, Beholdmyswarthyface Media Director

Anonymous said...

Probably one of the best blogs on the internet.