Monday, February 1, 2010

現代小説の英訳プロジェクト

This just in from Beholdmyswarthyface:
この間、日本関係の本を専門とする在米の出版会社、Chin Music Press からメールが来た。2013年までにいくつかの欧米で売れそうな現代小説を英訳し出版したいので何か勧めてくれ、と頼まれた。

ただ、パパの研究は明治・大正・昭和初期に限られており、戦後の日本に関しての知識は恥ずかしいほど不足しているので、もし未訳の、又は駄訳された現代小説のお勧めがあれば、コメントのところに書き込んでください。

これまで適当にリストアップした候補者は、

1.高橋源一郎、『ジョン・レノン対火星人』(1985)
2.深沢七郎、『楢山節考』(1956) or 『みちのくの人形たち』(1981)
3.町田康、『告白』(2005) or 『くっすん大黒』(1996) or 『きれぎれ』(2000)
4.石黒達昌、 「最終上映」(1989) or 『平成3年5月2日、後天性免疫不全症候群にて急逝された明寺伸彦博士、並びに……』(1994)
5.小野正嗣、 『にぎやかな湾に背負われた船』(2002) or 『森のはずれで』(2006) or 『マイクロバス』(2008)
6.黒川創、『もどろき』(2001) or 『かもめの日』(2008)
7.井上ひさし、『吉里吉里人』(1981)
8.唐十郎、『佐川君からの手紙』(1983)
9.田中康夫、『なんとなく、クリスタル』(1981)
10.玄月、『おっぱい』(1998)
11. 川上未映子、『乳と卵』(2007)
12. 古川日出男、『13』(1998) or 『アラビアの夜の種族』(2002) or 『ベルカ、吠えないのか?』(2005) or 『LOVE』(2006)

です。ご追加をよろしく。

13 comments:

Ray Asaba said...

Behold~にコメントしようと思ってたんだけど、忘れてたのでこっちに。

俺も日本の現代文学ってあんまり知らないんだけど、モブノリオ『介護入門』はおすすめだ。あと、唐十郎入れるなら寺山修司とかも良さそう。

しかし、吉里吉里人とか町田康とか大好きだけど翻訳無理じゃないの?笑

ちなみに柴田先生と高橋源一郎が『小説の読み方、書き方、訳し方』という本で現代日本文学の30冊、みたいな紹介してるよ。

Mother said...

Did you really read all those books?

Beholdmyswarthyface said...

No.

Ian Hogarth said...

Did you read any of them?

Beholdmyswarthyface said...

Yes.

Sally Suzuki said...

レー君、

ありがとう。参考になる。総合図書館にもあるらしい。

確かに全部は無理だね。一冊でも実現したら大成功だ。

elipsett said...

I've had 古川's 『アラビアの夜の種族』 on my list for several years now. It's gradually working its way up, but the economic slump has payed havoc with my publishing schedule, too.
Fine book, though!

I have to agree that 吉里吉里人 is pretty close to impossible...

Josh Landars said...

Papa,

I brand you a "liar" with eastern European pretensions.

Anonymous said...

松浦理英子の親指Pの修業時代 - The Apprenticeship of Big Toe P。

Sally Suzuki, Beholdmyswarthyface Media Director said...

Thanks to you all for your comments and suggestions! I'll pass the expanded version of this list onto Chin Music Press, and run it by some other publishing houses.

Sally Suzuki said...

Correction: Should read "on to."

Anonymous said...

Kazushige Abe's Grand Finale

Kou Machida's Confession or Shreds

Toshihiko Yahagi's La La La
Child of Science

Masahiko Shimada's Music for the Kingdom of Somnambulism?

Anonymous said...

Didn't Donald Keene already translated 深沢七郎's 『楢山節考』(1956) as "The Songs of Oak Mountain"?