Friday, October 8, 2010

Swarthyface's Note to Self After First Lecture

This just in from Beholdmyswarthyface, addressed to Beholdmyswarthyface:
大学の先生としての初体験が無事に終了。予想以上に人数が多かった(凡そ90人)。最初は緊張したがすぐにコメディアン・モードに切り替えてくだらない冗談をいっぱい言いながら次第に落ち着いて来た。学部生に教えるコツも何となく分かった。まず、抽象的な話はなるべく回避。それから自らの話す時間をなるべく短縮(発表とかで生徒たちにしゃべらせることによって)。言葉に詰まった時は感想文を 書かせること(課題は何でもいい)で時間を稼げるのだ。そして自分の用意した講義ノートが分かりやすくて明確であることは何より大事だと分かった。

1 comment:

a student said...

私は先生の講義を聞く方がすきです!
あと、たぶん、プレゼンのときにマイクが必要だと思う。