Wednesday, January 26, 2011

Journal Entry #184

This just in from Swarthyface:
秋期の最後の講義は今日で終了しました。残りは来週のファイナルとその翌週の学生との飲み会だけです。

実験として最後の課題を、自分が翻訳した石川淳『佳人』(The Nymphs)にしました。

自分の苦労の成果であるこの訳を取り上げて分析してもらうとは、聞く側として不思議な感覚であり、まるで私自身について語られているように聞こえてきました。

今日の発表者たちはテキストをよく分析してくれたなと感心しました。 そして今まで意義の不明だった一節を、前列に着席していたNemec君が明確にして下さいました。

これから英語圏の市場に挑み、Ishikawa Jun のThe Nymphs を出版し、ベストセラーにさせていくように頑張ります。笑

No comments: