Friday, June 12, 2015

Notes from Today's Class: Akutagawa's "In a Bamboo Grove" (Yabu no naka; 1922)

今日の授業の課題は芥川龍之介「藪の中」を原文と英訳を照らし合わせながら分析するというものであったが授業中ある子が面白い指摘をした。原文では容疑者の多襄丸が初めて女の顔をちらっと見た時にその顔を「女菩薩」に喩えて描写するが、英訳ではその単語が単なる「Bodhisattva」となっており「女菩薩」の二つ目の定義、すなわち「遊女・娼婦のこと」が、反映されていない、そして、芥川はきっと意図的に両方の意味を含めて掛詞として使ったのではないかと。随分深い指摘だなと思って感心し、今度RubinやLippit先生にお会いするときにお伝えしますと言った。もしミスだとしたらかなり大きいミスだと思う。根本的な解釈が変わってくるほどの。

Doing a close comparison of the original and the translations of Akutagawa's "In a Bamboo Grove" (Yabu no naka; 1922) in one of my classes; today a female student made a very astute observation: the word "nyobosatsu 女菩薩" is translated simply as "Boddhisatva" in both Rubin's and Lippit's translation;yet the term can also mean "prostitute/courtesan"; no doubt, claims the student, Akutagawa used the term as a double entendre; this may indeed be a miss on Rubin's/Lippit's part; if so, I must inform them immediately。

No comments: