Monday, May 25, 2015

On Kawabata Yasunari's "Pomegranate" (Zakuro; 1945)

Tomorrow is Open Campus; I have to give two lectures in Japanese to 80 potential children-clients and their parents; I have 40-min to teach the basics of reading narrative (see 13 points:http://bit.ly/1IfdIS9); for a sample text, I chose the shortest story I could find:Kawabata Yasunari's "Pomegranate" (Zakuro; 1945); I just realized, however, that this story might not be so appropriate, as it is about a teenage girl's discovery of her recently-ripened vagina, as symbolized by the "pomegranate" fruit that she plucks from the tree and shares with her (prospective?) boyfriend before he goes off to war。

明日のオープンキャンパスで高校生とその保護者向けに模擬授業をすることになったので、40分で、小説を読む基礎を教えることにした(13の重要事項についてはこちらをご覧ください)。テキストとして、知っている中で最も短い短編小説、川端康成の「ざくろ」(昭和20年)を選んだが、準備をしながら、これはオープンキャンパスにはあまり適切ではなかったかもしれないと思い始めた。というのも、これは、少女が木から捥ぎ取り出征前の男子(もしかして許婚?)に差し出し共に齧る一つの柘榴の実に象徴される、熟したての少女の性の発見についての話なのである。

No comments: