Thursday, June 16, 2016

A Student of Mine Reviews A.H. Chambers's Translation of the "Hōjōki"

It's official:Professor A.H. Chambers's [my former adviser/mentor] translation of the "Hōjōki" [ "An Account of a Ten-Foot-Square Hut":] is a masterwork of translation, according to my finest student this year, M-chan, who wrote the following review。

今年の一番文学的才能のある学生Mちゃんは「方丈記」の原文と英訳を読んだ後にA. Chambers先生の「方丈記」英訳についてこう書いています→
「翻訳の感想。どちらかというと直訳的だが、読者がわかりやすいようにする配慮もされていて、読みやすかった。「水無月」「治承」など古典的な日にちの表現が多く出てきたので翻訳は困難であっただろう。原文の儚く美しい文章の表現が英語でも損なわれておらず、名訳だと思った。」

No comments: